調味料は面白い

味付けに欠かすことのできない、調味料、その調味料の役割や種類を知って、料理の達人になろう。
そして、あなたにとって、大切な人を喜ばせてあげよう。

調味料の役割

調味料というものは、単に食材に味をつけるためだけに
使われるのではなくいろんな役割があります。

★香りをつける。(コショウなどの香辛料やレモンなども)

★弾力を出す。(振り塩をして魚や肉を締める)

★保存性を持たせる。(漬物や塩漬け、ジャムなど)

塩加減のよしあしが料理の味を左右するといっても決して過言ではありませんよ。
よく塩梅っていうでしょ。特に塩は大事ですね。

調味料の使い方の順番

まず、はじめに調味料の使い方の順番をご紹介しますね。
これはご存知の方は、多いと思います。「さ・し・す・せ・そ」っていうんです。

調味料は
サ(砂糖)、シ(塩)、ス(酢)、セ(醤油)、ソ(味噌)の順に入れます。

※この順番で入れると、料理が美味しくなると伝統的に言われています。
ただ、圧力鍋の普及やだししょうゆ等は、はじめから入れることが多くなっているので、失われつつあるので残念ですね。

◆砂糖は主として、さとうきびやてんさいから作られる調味料。
ざらめ糖、グラニュー糖、黒砂糖、三温糖、氷砂糖、などがありますね。ただくれぐれも取り過ぎには注意しましょうね。

◆塩は、酢が誕生するまで「塩梅」(あんばい)の文字通り、梅の塩漬けからできる梅酢が使われてきました。 いまは流行りはミネラルが豊富に含まれた塩が多いですね。俗に天然塩などと言われている塩ですね。 海外からの塩も多くありますので必要に応じて使い分けると便利ですね。

◆酢は学校で習った酢酸が有名ですね。
酢はアルコールが酢酸菌によって酸化発酵した結果生まれる酢酸を水溶液にしたものですね。でも思っただけで唾液が出てきませんか?

★種類は醸造酢、合成酢、加工酢などですね。
柑橘系の絞り汁や果汁などを加えて加工されたものが多く市販されていますね。

★酢の持つ重要な働きとしては、
疲労回復作用(激しい労働や運動などで体内に蓄積される乳酸を酢酸は燃焼させる手助け)
血圧抑制作用(塩分のとりすぎも防ぐ)消化促進作用(酸味は胃液の分泌を促進する)

◆醤油は大豆と小麦にこうじと食塩水を加え、発酵、熟成させたものです。
濃口醤油、薄口醤油、たまり醤油、白醤油などが主流ですね。
地方によって違いますね。関東は濃口、関西は薄口を使うことが多いですね。
醤油は香りが大切なので加えてからは長く加熱しないことですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ