飲酒運転は絶対にダメ

ここでは、大きなお世話かもしれませんが、飲酒運転についてのご紹介です。

★飲酒運転の危険性

身体に取り込まれたアルコールは判断力や注意力、運動能力を低下させます。
飲酒の影響で、危険と感じない・・・「自分は酒に強い」「自分だけは大丈夫」
と甘い考えで飲酒運転を繰り返し、重大事故を起こしています。

★二日酔いの運転も飲酒運転です

アルコールは意外と長く体内に留まり、身体に影響を及ぼしています。
翌日でも身体にアルコールが残っている状態での運転は、酒気帯び運転や酒酔い運転となることもあります。

★飲酒運転に「つい」や「うっかり」はありませんよ

「のんだらのるな」「のるなら のむな」を徹底しましょう。

★飲酒運転を見逃さないように

運転するのを認識しながら飲酒を勧めたり、酒類を提供したり、また飲酒をそそのかして運転させたりする行為は罪に問われます。

大切なものを失わないために

結局、お伝えしたい事は、飲酒運転によって引き起こさせる事故によって、
相手の家族や自分の家族、いろんな人の人生に迷惑をかけることになってしまいますから。

お酒を愉しく飲むにはやはり、ルールを守って節度ある節酒というのが一番なんでしょうね。
ちょっと、固くなっちゃいましたね。

お付き合いいただいてありがとうございます。ちなみに私は日本酒が大好きで~す。
車はペーパードライバーのため運転はしませんが。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ