栄養を知り料理を賢く

栄養を知り料理を賢く
このページでは「栄養」に関する情報を提供しますね。

栄養ってすごいですよ。いろんな栄養素を知ることにより、
料理が面白くなってきますよ。料理を楽しく、愛情込めて。

栄養の簡単なご紹介をしますね。栄養の仕組みを知って、
家庭の栄養の博士を目指しましょう。

栄養★たんぱく質とアミノ酸

◆たんぱく質
たんぱく質は体を構成する細胞質の主成分。人間の身体は、体重の50~60%が水分で、これを除いた乾燥した成分の 30~40%がたんぱく質なのです。筋肉・皮膚・爪・内臓・毛髪・血液・酵素・脳下垂体ホルモン・インシュリン・免疫抗体・遺伝子(DNA)など、様々な部分を構成しています。また、たんぱく質は、エネルギーの供給源としても利用されています。たんぱく質1gあたりのエネルギーは4kcalです。

★アミノ酸の種類って
体内で合成をして不足を補うことができる11種のアミノ酸を「可欠アミノ酸」といい、体内で合成することができないの9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と言い、2つに分類されています。

★必須アミノ酸の働きって、なに?

●イソロイシン肝機能を高める・成長促進・神経系の働きを高める・血管を拡張する
●リジン 肝機能を高める・成長促進・集中力を高める
●バリン 血液中の窒素バランスを保つ・成長促進
●メチオニン うつ病改善・傷の改善・
●スレオニン 成長促進・肝臓へ脂肪が蓄積することを予防する
●フェニルアラニン 脳の働きを高める・うつ病改善・血圧上昇
●ロイシン 肝機能を高める
●トリプトファン 睡眠障害改善・うつ病改善・痛みを和らげる
●ヒスチジン ストレス予防・成長促進・性的興味を高める
(子供は体内で充分な量を合成することができないため必要とされている)

理想的なアミノ酸(たんぱく質)の摂取法

肌のカサつき、くすみなどのトラブルの多くはアミノ酸の不足と大きく関係があるようです。皮膚の一番外の角質層にどれくらいの水分があるかで肌のうるおい感を大きく左右しているのです。その角質層の中にある天然保湿成分はアミノ酸でできています。肌にハリをもたせるコラーゲンも実はアミノ酸からできています。

ダイエットとアミノ酸の関係

ダイエットにおいても脂肪が燃焼しやすい身体をつくるためには、このアミノ酸が必要です。筋肉の原料となるアミノ酸を補給しながら、有酸素運動を行うことで、筋肉組織が増えます。脂肪の燃焼工場である筋肉が増えることで、基礎代謝が高まることになり、消費エネルギーが増えて、太りにくい身体がつくられるんですね。ダイエット後も体型維持のためにもアミノ酸を利用し、リバウンド(元にもどる)しにくい体質に変えることが大事ですね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ