献立って難しい?

献立を立てるのは大変ですね。毎日の献立を考えるだけでおっくうになってしまいますね。
そんな、みなさんに何かのヒントになれば。みなさんは、献立を立てるにはどうされていますか?
(ちなみに管理人の私は、もと洋菓子の職人でした)

ここでは、ほんのちょっとしたヒントとなるようなことを簡単にご紹介しますね。
軽い気持ちで読んでくださいね。

献立を立てる、もっとも簡単な方法は、料理の本やネットなどで調べるのが一番ですよね。
でも、よく冷蔵庫の残り物でとかあり合わせの材料でとか、よく言いますよね。
これが一つのヒントなんですよね。

料理って、食材と、調理法(茹でる、炒める、蒸すなど)の組み合わせといって過言ではないんですよ。

卵料理なら、卵をどう使うか炒めるのか、茹でるのか生のまま使うのか泡立ててケーキに使うのかてんぷらの衣に使うのか こうした組み合わせをたくさん知っている人が料理上手なんですね。 ただ、はじめは誰にもアイデアは湧きません(天才以外は)

献立を上手に立てる近道は

料理が好きになることそして、料理の本を見てスーパーに通って、いろんな食材に触れること こういったことが実は大切なんですよね。

それと、大切な人が料理を楽しんで食べている姿を想像しながら 献立を立てるのが一番ですね。

ご夫婦なら新婚当初はそうだったのではないでしょうかね? 二人で楽しくスーパーに買い物に行ったり。会話が弾んだはずですよきっと。 でも、本当の原因は、実は料理嫌いに原因があったりしてね。(笑)

料理好きになって、大切な人を幸福にしてあげましょう。 みなさんのご家族が幸せになれば私も嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ