呼吸法のもたらす効果

何げなくしている「呼吸」この呼吸法も一つ、もう少し踏み込んでみてみると、
いろんな局面で使えるんですね。

いらいらしたとき、起こりそうになったとき、リラックスしたいときなどいろんな時に使えます。
そして、新鮮な空気が体内に取り入れられることになりますから、体にもいいでしょうね。
簡単なものをご紹介しますので、どうかお役に立ててくださいね。

呼吸法ってなに?

いろんな呼吸がありますよね。「深呼吸」「腹式呼吸」「丹田呼吸」などがありますよね。
それによって、リラックスしたり、イライラを抑えたり、する効果があるんですね。
特に怒っているときの呼吸は、肩でしているときが多いですね。

★今日から始める簡単な呼吸法について

●姿勢について
男性はあぐらを組んでもいいでしょう。
女性は正座は大変ですから、長時間坐れる形にします。
両手を腿の上に置き、手のひらを大腿につける。

手のひらを大腿につける「八」の字のような形をつくって、大腿の上に手を置きます。
自分の頭、首、背中、腰、こうしたものが、
一本の針金が通ったがごとくすっきりと背筋を伸ばすことが重要ですね。
肩の力を抜く事も大切ですね

呼吸の仕方について(丹田呼吸)

まず、大きく息を吸います。その息を喉から胸に、つまり肺ですね、肺に入れて、
肺から今度は、もっと下に落としていきます。

丹田(おへそのところ)のほうへと入れていくつもりでいきます。
丹田に達したと思ったら、そこで、いったん呼吸を止めます。

今度は、徐々に徐々に、鼻から息を少しずつ抜いていきます。
三分の一ずつぐらいを抜いていくつもりで、抜いていきます。

息が抜けたなら、また息を吸います。同じことを繰り返します。

個人差がありますが、四、五回すれば落ち着いてくる人いるでしょうし、
人によっては、数十回する必要な人もいるでしょうね。

日常生活のことを忘れて、自分がリラックスしてきたと感じるまでの間、
それをしばらく続けてみましょう。きっと、心のイライラなどが解消できるはずですよ。

※注意点は、背筋が伸びているかどうかは確認が必要です。
※もし、具合が悪くなった時は、やめて下さいね。

呼吸なので、あまり副作用はないと思いますが。

楽しくするコツ

私が自宅などでゆっくりとくつろぎたいときにする方法は、自然音のCDをかけています。
自然音とは、川のせせらぎ、森の音、波の音などを5分くらい流すようにしています。
目をつむって、深呼吸すると気持ちよくなりますよ。一度お試しあれ。

●もっと、呼吸法を楽しくするには
大型の液晶テレビなどがあれば、自然の映像(森や海など)を流しながら
ゆったりとした気分でくつろぐのもいいかもしれませんね。

最近は、家庭用のプロジェクター(映写機)もありますので、
活用されると便利だと思いますね。

それ以外には、アロマの香りを部屋に漂わせておくと、
またアロマ効果でさらにいいかもしれませんね。

★ちょっとした呼吸法の活用法
仕事やご家庭などで、イライラしたり、怒りそうになったときなどは、
お手洗いや洗面所に行って、鏡を見て深呼吸をしますと、心が落ち着きますね。

職場の方や、ご家族の方に無用に当り散らさなくて済むかもしれませんよ。

※特に、副作用はないと思われますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
もし、具合が悪くなるようでしたら中止して下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ