音楽でリラックスしよう

みなさんは、どんなときに音楽を聴きますか?
どんなジャンルがお好きですか?
ここでは、音楽の持つ癒し効果についてご紹介しますね。

音楽療法(ミュージックセラピー)とは

音楽療法は、音楽を利用して肉体的・感情的・精神的に
充実した状態を取りもどし、それを維持することを目的とした療法です。

★音楽療法と古代ギリシャの賢人
古代ギリシャの数学者ピタゴラスも音楽療法について説いていますね。
音楽が道徳性や社会性、人の精神の乱れを癒すこともできるということを説いていました。
また古代ギリシャのアリストテレスも音楽に注目していたようです。
音楽による恍惚感の効果を説いていたようです。

★音楽療法の効果・適応って
特定の旋律によって脳が活性化される。日常生活では得られない周波数を得ることができる。

<主な適応>
悲しみ、不安、不安、パニック症候群、自閉症、アルツハイマー、学習障害、集中力を高める、など

音楽療法とモーツァルト

モーツァルトの楽曲の多くは高周波が豊富に含まれているようです。
それが、音楽療法に良いようですね。

日常生活では受けるのない周波数をモーツァルトの音楽を聴くことによって得ることができるため、
自律神経を覚醒させ、脳を刺激して身体の緊張をほぐし感覚を安定化させる作用のあるようです。
だから、近年モーツァルトが人気あるんですね。

★自宅で簡単音楽療法

※深刻な時は、専門医や医師の診断をお願いしますね。

一般的には、静かな曲はリラックスしたい時に。勇ましい曲は、元気を出したい時に。

★疲れたときなど
クラシック(ゆったりめ)音楽を聴き、テンポの速い曲に替えます。

★悲しい時など
同じような心境の曲、涙を誘うような曲を聴き、陽気なアップテンポの曲に替えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ