たんぱく質について

たんぱく質をつくるアミノ酸

私たちの体内には10万種類以上のたんぱく質の仲間がいて、筋肉や皮膚、内臓、髪の毛、爪、歯など体をつくる材料となっています。

このたんぱく質は約20種類のアミノ酸が色々な形で組み合わさって出来ています。

食物により摂取されたたんぱく質は一度アミノ酸にまでバラバラに分解されてから再合成されるので、豚のもも肉を食べたからそれが人の腿の材料になるわけではないし、コラーゲンをとったからと言ってそのまま体内のコラーゲンとして使われれるわけでもないのです。

一つ一つの細胞の持つDNA(デオキシリボ核酸)という分子に各たんぱく質のつくり方がかきこまれていて、その情報で生成されるたんぱく質の形がきまります。

体内で働く多彩なたんぱく質

肉や魚、卵や大豆製品、乳製品などの食物から摂取したたんぱく質は、消化器官でアミノ酸に分解され、小腸から吸収されます。

その後肝臓を経て血液によって体の各組織に運ばれ、必要に応じてそれぞれの組織に適合したたんぱく質に組み立てられて筋肉や爪となったり、体の機能を整えるホルモンや病気と戦う免疫抗体、神経伝達物質、体内活動を手助けする酵素の原料にもなります。

またエネルギーが足りなくなったときには、糖質や脂質と同じように体内で作り出すこともできます。

生命活動に欠かせない栄養素

このように体のあらゆる部分を作る材料となり体になくてはならないたんぱく質。

不足すると抜け毛や肌荒れが起こったり、エネルギーを燃やす筋肉が減って太りやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。

また脂質のように脂肪としてお腹に蓄えることができないため、余っても尿として排出するしかなく、多くとりすぎると腎臓に負担をかけてしまい病気の原因にもなってしまいます。

さまざまな食品からバランスよく摂取するようにしたいものです。

たんぱく質

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ