みなさんはビタミンAについてどのくらい知っていますか!

ビタミンAが必要な理由

ビタミンAと言いますと何を思い浮かべますか。
実はとても体に良い無くてはならないビタミンなのです。

ひとごとでビタミンAと言われていますが、実は動物性と植物性の二種類があり、化学名ではレチノールと呼ばれています。

レバーなのの動物性のものと緑黄食野菜に含まれるβーカロテンがあります。これは体に吸収された後にビタミンAに変化していくものです。

効能

よくビタミンAは目によいと聞いたことありませんか。
これは本当だったんのです。

網膜には光を感知する物質があり、これを作るのちビタミンAが必要なのです。
なので、これが不足すると暗闇でものが見づらくなり、夜盲症になると言われています。

また、ビタミンAは皮膚や粘膜を作るうえでも重要な栄養素なので、不足してきますと、肌がかさついたり、肌荒れが起こります。

もちろん、気管や粘膜も同じことが言えます。

粘膜がちゃんと働かないと細菌やウィルスが侵入しやすくなり、風邪や口内炎など色んな症状が表れやすくなるので、注意が必要です。

ビタミンAを含む食品

レチノールを多く含む食品としては同じみのレバー類やウナギのかば焼きなどが多く含まれています。

それに対してβーカロテンはモロヘイヤやカボチャ・にんじん・春菊などが多く含まれているので、こまめに摂取するようにしましょう。

yjimage

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ