カルシウムについて

ミネラルの役割

五大栄養素の中には、エネルギーとなる炭水化物、たんぱく質、脂質とともに、その作用を助ける役割をもつ食物繊維、そしてミネラルがあります。

地球上には石や鉄、アクセサリーの材料となる金、銀、ダイヤモンドなど100種類以上の鉱物がありますが、人間が生きていくために必要なミネラルは16種類。銅やマグネシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどがあり、ビタミンと一緒に体の調子を整えたり、歯や骨の材料になったりしています。

鉱物という意味のミネラルですが、体の中でゴロゴロと塊があるわけではなく、水にとけた形で私たちの体内に存在しています。

カルシウムの横顔

人間の体にある16種類のミネラルの中で一番多いのがカルシウムです。

大人では約1キログラムもあって、骨や歯を形成する他にも、歩いたり走ったり筋肉が動くようスイッチを入れたり、血管の壁を強くしたり、血圧を下げたり、体の至るところで大事な仕事をしているので、常に血液の中に含まれていて、必要なところにすぐ届くように全身をめぐっています。

カルシウムが足りなくなると骨から溶け出して補おうとするため、骨が脆くなってしまいます。

また骨から溶け出す量が増えると余分なカルシウムが血管にくっつき、高血圧や動脈硬化を引き起こすため、生活習慣病につながってしまいます。

食事で摂り過ぎることはほとんどないため、小魚や乳製品、小松菜やひじきなど普段から摂取する習慣にしましょう。

カルシウムを助ける仲間

カルシウムの吸収を助ける栄養素として、ビタミンDやK、リン、マグネシウムなどがあります。

ビタミンDはカルシウムが骨や歯の材料になれるようにそれぞれの場所に届けたり、食べ物からカルシウムが吸収されやすくなるよう助けたりしています

鮭や秋刀魚などの魚類やきのこ類に含まれているほか、日光を浴びることで皮膚でつくることができるのがビタミンDの特徴です。

ビタミンKは止血ビタミンとも呼ばれ、血液中の止血成分がうまく働くようにサポートしており、カルシウムが骨にくっつくよう助けています

リン、マグネシウムは骨や歯を形作るお手伝いをしています。

吸収率を上げる

骨粗しょう症の予防などカルシウムの吸収率をあげるため、乳製品や大豆製品、小魚、青菜、きのこ類などお互いの栄養素が助け合える組み合わせの食材を日常的に摂取することが有効といえます。

カルシウム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ