カルシウムの吸収率について

*カルシウムの吸収率のよい食材

カルシウムを含む食材は多くありますが、食材によって人間の体の吸収率は異なります。

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品からのカルシウムの吸収率は最も高いので、乳製品は人間にとって最も優れたカルシウム源です。

他にカルシウムを多く含む食材は、吸収率の高い方から順番に骨ごと食べられるいりこや小魚、豆腐などの大豆製品、ひじきやわかめなどの海藻、小松菜やちんげん菜などの緑黄色野菜です。

海藻や緑黄色野菜は、カルシウムは含まれているものの、吸収率が高くないのでこれらだけで一日分のカルシウムを補うのは困難です。

乳製品や小魚と合わせて食べるのがおすすめです。

*カルシウムの吸収を妨げるもの

カルシウムを吸収するためにはリンが必要なのですが、リンを多く摂り過ぎると、せっかく食べたカルシウムが吸収されないまま体外に排出されてしまいます。

リンはスナック菓子に多く含まれています。
また、リンと同じく砂糖も摂り過ぎると、尿と一緒にカルシウムを排出してしまいます。

なので、おやつを食べるときには甘いお菓子やスナック菓子を食べすぎないように気をつけます。
おやつと一緒に牛乳を飲む習慣をつけると、カルシウムを補うことができるのでおすすめです。

E382ABE383ABE382B7E382A6E383A0E38292E590ABE38280E9A39FE59381-thumbnail2

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ