カルシウム不足が骨に与える影響について

【はじめに】

現代人が不足している栄養素として上げられるものの中にカルシウムがあります。

カルシウムが不足することで起きる症状として、骨が弱くなるということや丈夫な歯を作ることは御存知だとは思いますが、それ以外にもまだあります。

そこで今回はカルシウムが不足することで、私達の体に与える影響のうち、骨に関することを中心に見ていきたいと思います。

【骨粗しょう症の恐ろしいところ】

カルシウムが不足すると骨に影響を与えることは先ほどお話しましたが、その代表的な症状としては骨粗しょう症があります。

この病気は骨の密度が減ってしまい、スポンジのようにスカスカになることで知られていますが、若いうちはこの病気になる方はいないかもしれません。

しかし、50歳あたりになってくると、特に女性はこの病気になりやすいと言われていますので、注意しましょう。

この病気の恐ろしいところは、ただ道端等で転んだだけで骨折してしまい、最悪寝たきりになってしまうということです。

さらに同じ骨折を繰り返してしまうのも恐ろしいところです。

【カルシウムは血液にも影響します】

カルシウムは殆どが骨に使われるのですが、体の中の細胞にも使われているということをご存知でしょうか?

私達の心臓や脳の神経の働きとの関係のある細胞です。

これらの細胞がカルシウム不足を感じてしまうと、次々と骨の中に存在するカルシウムを取り出していきます。

こういったことが続くことによって、血液中のカルシウムの濃度が高くなってしまい、それによって、血管が細くなってしまいます。

血管が細くなると血流が悪くなりますので、ポンプの役割を果たしている心臓が血液を送るために過剰に働いてしまい、血圧が上がることによって、高血圧を引き起こしていまいます。

他にもイライラの症状を引き起こすことも知られています。

【カルシウムを多く含む食べ物とは?】

これまで述べてきた病気にならないためにも、普段の食生活には気を付けたいところです。
カルシウムを多く含んでいるものとして、乳製品はよく知られています。

その他には、干しエビやひじき、煮干し等にも非常に多く含まれていますので、積極的に取り入れていきたいところです。

【終わりに】

これまで簡単ではありますが、カルシウムが不足することで骨に与える影響を中心に見てきましたが、現代人のカルシウム不足は私達が考えているより深刻です。

そうならないためには、普段の食生活が非常に重要です。

今回取り上げたいくつかの食材の他にも、多く含んでいるものは沢山ありますので、是非インターネット等で調べてみることをお勧めします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

suppliment_calcium

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ