ビタミンについて

ビタミンには脂(油)に溶ける脂溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンとがあります。

★水溶性ビタミン(ビタミンB群、C)は、水溶性のため、体内に排出されるため、摂りだめがききませんので、必要量を毎日摂ることが大切です。サプリメントなどを飲んだとき黄色いオシッコが出るのはそのためです

★脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)は、摂取後、使い切れなかった分は翌日以降に持ち越されますので、摂りだめがききます。しかし、大量摂取は禁物です。これらのビタミンは油に溶けて吸収されやすくなるので、炒めたり、揚げたりするとより効果的です。

ビタミンの働きと多く含まれる食品

★ビタミンAの働き
ビタミンAは目・気管・皮膚などの粘膜の形成・機能にも関係。ビタミンAが不足すると、結膜炎やカゼにかかりやすくなったり、皮膚がカサカサになったりします。

★ビタミンAが多く含まれる食品
うなぎ、肝油、卵黄、牛乳、チーズ、バター、緑黄色野菜、みかん、のりなど。

★ビタミンB1の働き
糖質が燃えてエネルギーとなるときに不可欠なため、穀物・砂糖・アルコール類を多くとる人は、B1も多めにとる必要があります。

★ビタミンB1が多く含まれる食品
酵母、チーズ、牛乳、肝臓、豆、玄米、肉、胚芽、緑黄色野菜など。

★ビタミンB2 の働き
ビタミンB2には成長促進作用。食欲に関係。口・皮膚・口腔などの粘膜を正常に保つために必要です。B2が不足すると目の異常や口角炎、口内炎などが起ります。

★ビタミンB2が多く含まれる食品
酵母、卵黄、肝臓、肉、緑黄色野菜など。

★ビタミンB6 の働き
ビタミンB6はたんぱく質の代謝に関係。不足すると目・口・耳・鼻の周囲に皮膚炎が起ります。

★ビタミンB6が多く含まれる食品
酵母、卵、乳、魚、肝臓、肉、豆など。

★ビタミンB12 の働き
たんぱく質の代謝に関係。赤血球が作られるときに必要。欠乏すると赤血球を作るしくみがうまくいかず、“悪性貧血”になります。

★ビタミンB12が多く含まれる食品
肝臓、チーズ、肉、魚、卵など。

★葉酸の働き
アミノ酸の代謝に関係しているビタミン。 とくに妊娠期には多く必要。葉酸が欠乏すると”巨赤芽球貧血”がおこる。

★葉酸が多く含まれる食品
酵母、肉、卵黄、肝臓、胚芽など。

★ビタミンCの働き
欠乏症は体の各部から出血する”壊血病”です。不足すると歯ぐきから出血しやすくなる。日焼けや皮膚の色素沈着を防ぐ。鉄の吸収を助ける。免疫のしくみを正常に保つ。など

★ビタミンCが多く含まれる食品
いちご、みかん、キウイ、緑黄色野菜、きゅうり、キャベツ、だいこんなど。

★ビタミンDの働き
カルシウムの吸収・沈着が正しく行われるために必要。

★ビタミンDが多く含まれる食品
油、魚、しいたけ、酵母、卵黄、緑茶など。

★ビタミンEの働き
ビタミンEは妊娠・出産と関係が深い。末梢血管の拡張。血液循環をよくする。抗酸化作用。

★ビタミンEが多く含まれる食品
植物油特に胚芽油、穀類、豆、大豆、緑黄色野菜など

★ビタミンK
出血のあと、止血するには”プロトロンビン”という物質が必要です。ビタミンKはこの物質の生成に重要な役割。ビタミンKが欠乏すると出血しやすくなる。

★ビタミンKが多く含まれる食品
肝臓、緑黄色野菜など。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ