ビタミン剤の効果的な飲み方

食生活が偏っている、栄養素が取れているか心配…などでビタミンをサプリメントで取る方が増えています。

ビタミン剤を効果的に飲むためにはどのように飲めばいいでしょうか?

「ビタミンの種類」

市販されているビタミン剤は主にビタミンA、B群、C、D、E、K、Pなどです。

これらのビタミンは大きく分けると水に溶けやすい性質の水溶性ビタミンと、脂に溶けやすい性質の使用性ビタミンに分けられます。

脂溶性ビタミンはビタミンA、D、E、Kです。水溶性ビタミンはそれ以外と覚えて頂ければ大丈夫です。

「ビタミン剤を飲むタイミング」

水に溶けやすい水溶性ビタミンはいつ飲んでも構いません。

ただし、水に溶けやすいということは尿として身体から出ていきやすいということなので、1日の中で何度かに分けて飲むほうが良いですね。

一方、脂溶性ビタミンは脂がないと十分に溶けないので、食後に飲むのが効果的です。
脂溶性ビタミンは身体から出て行きにくいので、決められた量よりも多く飲まないようにしましょう。

「そもそもビタミン剤って必要?」

バランスの良い食事を取っていればビタミン剤は必要ないと思われるかもしれませんが、現代の野菜などに含まれているビタミンの量は昔と比べてずっと少なくなっています。

つまりバランスの良い食事をしていても、十分なビタミンが取れないこともあるのです。
だるさ、疲れなどビタミン不足を感じた場合にはビタミン剤に頼るのも良い方法だと言えます。

9a173f8640372a8aa2b330f0714a16e2_m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ