ミネラル(無機質)について

★ミネラル(無機質)とは体内で合成されない微量元素。

栄養の分類の上では食物から摂取する必要のある必須元素のことを「ミネラル(無機質)」と呼びます。
有機質は、酸素・炭素・水素・窒素を含む化合物で、人体を構成する95%ほどが有機質からなっています。

無機質は、有機質以外の部分で、人体を構成する5%ほどが無機質からなっています。
ミネラル(無機質)の中でも、人体に比較的多く存在するものを「準主要元素」と呼び、残りの無機質は「微量元素」と呼びます。

とても大切な栄養ですね。

★カルシウムとリンは骨の構成成分となり、
鉄は血液の成分として酸素の運搬に関係する栄養。

★カリウムやナトリウムは陽イオンとなって
体液の浸透圧の調節を担う栄養。

★不足しやすい栄養のミネラルとは
ミネラルで不足しやすい栄養はカルシウムと鉄です。

特に成長期に必要な栄養のカルシウムの摂取が不足すると、高齢期になって骨がもろくなったり骨粗しょう症にかかりやすくなります。

リンを摂取し過ぎるとカルシウムの必要量が増えるため、カルシウム1に対して、リンが2を超えないことが望ましい。

インスタント食品(リンが多い)を摂取する機会の多い人は、大切な栄養であるカルシウムを摂るよう心がけましょう。(インスタント食品を茹でる時は牛乳を入れると効果的です)

★大切な栄養のミネラル(無機質)の生理的機能とは
「体構成分」と「体調節機能」がある栄養です。

★体構成分
・細胞膜に含まれる核酸など、柔らかい組織の構成分

・骨や歯など、硬い組織の構成分
・その他、体の組織に必要不可欠な成分の構成分

★体調節機能
・体液の浸透圧を正常に保つ

・体液のpHを微アルカリに保つ

・その他、体機能に必要不可欠な役割
・筋肉の働きを正常に保つ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ