亜鉛の効果と多く含む食品

亜鉛は私たちの体に重要な働きをもたらします。

亜鉛のはたらきとは?

亜鉛はミネラルの1種でタンパク質やDNAを合成してくれる重要な働きを持ちます。

血液の中の亜鉛はアルブミンといった要素と結合し、私たちの体の免疫機能を正常化させてくれる働きがあるといわれています。

体内の糖の代謝も促進させてくれるので、ダイエットにも効果がある栄養素のひとつです。生活習慣病などの改善にも役立ちます。

この亜鉛が体内で不足してしまうと、子供では鉄欠乏性貧血を引き起こしたり、成長障害なども現れることがあります。
大人は脱毛症や男性では前立腺の障害を引き起こすこともあるのです。

亜鉛を含む食品とは?

では亜鉛を積極的に摂取するにはどのような食品を食べればいいのでしょうか?
亜鉛を多く含む食品としては魚介類があります。
特に牡蠣やホタテ、たらこには豊富な亜鉛が含まれています。
ウナギやサンマにも亜鉛が含まれています。

亜鉛を上手に摂取するためにはこれらの食材を上手に食事に取り入れて、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

またレバーやササミ肉にも亜鉛は豊富。カシューナッツやアーモンドなどのナッツ類にもふくまれているので、小腹のすいたときなどにおすすめです。

aensappli

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ