真っ赤な完熟トマトで健康に

リコピンとは

リコピンはカロチノイドという赤い色素の中のひとつです。
トマトの赤い色はこのリコピンの色です。

同じカロチノイドの仲間であるカロチンは体内でビタミンAに変わりますが、リコピンはリコピンそのものとして体内で活躍します。

身体のサビを落としてくれるリコピン

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉はあまりにも有名ですが、それを裏付ける働きをリコピンは持っています。

車の排気ガスや紫外線、ストレスにさらされ、飲酒、喫煙、乱れた食生活。
そうした日常生活を送る中で、私たちは絶えず体内で活性酸素を発生させています。

リコピンはこの働きを抑える効果があるとされています。
活性酸素は「サビ」リコピンはそれを落としてくれる「サビ落とし」です。

活性酸素はがん細胞の発生、老化の促進、悪玉コレステロールの酸化、アレルギー疾患の促進などを引き起こす恐れがあるのですが、リコピンはこれらに非常に効果的に働きます。

その抗酸化力はβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍と言われています。
また、免疫力を高め風邪をひきにくい体にしてくれるのです。

リコピンを効果的に取り入れよう

リコピンが含まれる食べ物には代表的なトマトを始め、スイカ、いちご、トマトジュースやケチャップが挙げられます。

同じトマトでも完熟のほうがよりリコピン量は豊富なので赤く熟したものを選ぶとよいでしょう。

リコピンは脂溶性のため生のトマトをそのまま食べるよりドレッシングをかけたりほかの食品と取るほうが体内に吸収されやすいです。

そもそもリコピンは吸収されにくいことが難点であることが知られていますが、加熱するとリコピンの構造が変化し体内に吸収されやすくなることが専門分野での研究により明らかになっています。

トマトソースやスープなどにして取り入れるとよいでしょう。

tomato

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ