美容のためのビタミンC

メジャーな栄養素、ビタミンC

風邪の予防に、肌の美しさのために、なんとなく良さそうだからなど、ビタミンCを意識的に摂取してる方、きっと非常に多いですよね。

最もメジャーな栄養素の一つなのではないでしょうか。

サプリとしても色々なブランドから発売されていますし、ビタミンCの多い食品などもメディアで良く案内されますよね。

レモン何個分!なんていう表示はいくらでも目にします。

今さらビタミンCの話なんか必要ない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

実はあまり知られていない盲点があるんです。
特に美容のためにビタミンCを摂取されている方、ちょっと確認してみてください。

ビタミンC、どれくらい必要?

ビタミンC、実際どれくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。
少しおさらいしてみましょう。

厚生労働省の「第6次改定 日本人の栄養所要量」によると、必要摂取量・十分摂取量は成人男女共に、100mgとなっています。

よくあるレモン換算で5個分です。
食品だけで摂取するのはちょっと大変だなと思われる量ですね。

そこでサプリの力を借りるわけですが、だいたいの大手メーカーのビタミンCサプリは、1日分が1050mgです。
一気に上記基準を超えました。

これでお肌はバッチリね、と満足したくなってしまいそうですが、この必要摂取量・十分摂取量というのは、壊血病を防ぐために算定された数値。
いわば必要最低限の量なのです。

美容のためのビタミンC摂取量

本当の意味で十分なビタミンCの摂取量はどれくらいなのでしょうか。
上記100mgは深刻な病気を防ぐ最低限のライン。
そして健康を維持するために必要な量は800mgと言われています。

ですから、ほとんどのサプリはこの量をターゲットとしているのですね。
しかし、その一段階上の基準があるんです。
なんと美容目的の場合、2000mgが必要と言われています。

3000mg~5000mgという学者もいるほどです。
そんなにとって大丈夫?

と心配になるかもしれませんが、ビタミンCは摂取上限は基本的にありません
少しずつ様子をみながら増やしていけば安全です。

さいごに

美容目的の場合、まさか「日本人の栄養所要量」の20倍もの量が必要だとまでは思わなかった、と思われる方も多いと思います。

そんな方は是非今一度、摂取量を検討してみてはいかがでしょうか。

PAK25_ookawremon_TP_V

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ