食物繊維と健康

現代人に不足していると言われることが多い、「食物繊維」

では、食物繊維とはどのような栄養素で、身体にどのような影響を与えているのでしょうか?
そして、どのように食物繊維を摂ればいいのでしょうか?

<食物繊維とは>

まず、食物繊維とはどのような栄養素でしょうか?
食物繊維は、人の身体では消化されない食物に含まれている成分の総称です。

野菜類、海藻類、キノコ類に多く含まれています。多糖類であることが多いです。
しかし、消化されないことが、身体の中で大きな役割を果たすのです。

<食物繊維の役割>

食物繊維は大腸で蠕動運動を促します。
そうすると便秘の解消になります。
また、腸内細菌の栄養にもなります。

さらに、身体の中に溜まった毒性物質や老廃物の排出を促すデトックス効果も期待されています。
また、肥満防止や高血圧の予防、糖尿病の予防など、生活習慣病を予防する効果もあります。

<食物繊維の必要量>

一日に摂る食物繊維の量の目標は男性は19g以上、女性は17g以上と言われています。
しかし、特に、若い年代では不足しがちです。

日々の食事からとるほか、サプリメントを利用する方法もあります。
一度に大量に摂るのではなく、毎日食物繊維を摂ることで効果があります。

lgf01a201306191700

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ