DHAとEPAの驚くべき健康パワーとは

・DHAとEPAにはどんな効果が

DHA(ドコサヘキサエン酸)は主に脳の機能を向上させる効果が期待できるため、アルツハイマー病の予防と改善効果があることで注目されています。更にアレルギー症状の改善や視覚機能の改善にも効果が期待できます。

EPA(エイコサペンタイン酸)は主に食生活の乱れなどが原因でドロドロになった血液をサラサラにすることから高血圧や動脈硬化など生活習慣病を予防する効果が期待できるだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。

・DHAとEPAを一緒に摂取するメリット

DHAとEPAを一緒に摂取して血液をサラサラにできればコレステロール値を減少するだけでなくEPAについては中性脂肪を減少させる効果も期待でき、その相乗効果は大きいと考えられています。

・DHAとEPAの推奨摂取量

DHAとEPAは両方とも体で作り出すことができないため、食べ物やサプリメントで摂取しなければならず、両方合わせて1日1000mg程摂取することが推奨されています。

両者はイワシ、サバ、サンマなどの青魚に多く含まれており、中でもマグロには最も多く含まれています。

1日の推奨摂取量をまかなうためにはマグロの刺身なら4切れ程度の量です。
1日1品青魚をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

maguro

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ