保存方法が知りたい

保存方法について考えたことがありますか?
現代社会は共働きも多いので、上手に保存方法を知っておくといろんなときに便利ですね。
簡単ですが、ご紹介しますね。

冷凍保存の方法

●ワンポイントアドバイス

スーパーで売っている冷凍食品がありますね。それを参考にされると、 冷凍ができるものできないものが良くわかりますね。 冷凍することで組織が壊れたり分離したりするものは冷凍できませんが。(イチゴやりんごの果物など、)

・生野菜は変化を起こすので茹でたり、炒めたりしてから冷凍しましょう。
(ほうれん草のお浸し、きんぴらごぼう等に)

・カレーやシチューなどはあらかじめ冷やしておいた容器で 冷凍すると早く冷凍でき便利ですよ。

・ごはんは一度に炊いて、冷気の伝わりやすいステンレスなどの金属容器に、ラップでくるんで冷凍しましょう。(とっても便利で~す)

・パスタを冷凍するときは、茹で時間が8分のパスタなら、
5分から6分で茹で上げて冷凍するといいですよ。ビニール袋に包んで。
(電子レンジで半解凍して使います。汁気の多いパスタに有効で~す)

冷蔵保存の注意点です

冷蔵庫内の感染には要注意です。食品についている菌は低温で生き続けています。
中毒を起こす菌は肉や魚、その加工品などにつき、汁がたれたりすることで感染します。

常にきちんと包装して、ほかの食品と接触することのないように。なんでも冷蔵庫には間違いのもとです。

ひき肉や薄切り肉、切り身、さしみ、鶏肉など空気や人や手に多く触れた、
たんぱく質のものは1~2日が限度です。豆腐、ハムも用心しましょう。

冷蔵庫内の感染を防ぐため2週間に一度は、逆性石けんか消毒用アルコールで清潔にしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ